不妊治療アドバイスブック

アクトタワークリニック ホーム > > 不妊治療アドバイスブック > AMH 体外受精 不妊治療 HCG

AMH 体外受精 不妊治療 HCG2013.02.26更新

最近、テレビ・マスコミでも

AMH(アンチミュラー管ホルモン)

について報道があります。

AMHが低い方は、

早めに治療を開始したほうがいいことは事実ですが、

AMHが低い=妊娠しにくい

のでしょうか?

AMHが低くても、

卵巣には、数万~数十万もの原始卵胞が

残っています。

私は、AMHが低くても、

これらの残っている卵子を、

うまく獲得(採卵)できれば

体外受精/顕微授精の技術で

不妊症は克服できると考えています。

それは、たとえば、

クロミフェン周期であれば、

クロミフェンを繰り返し服用するだけでなく、

何日服用するのか、

1日服用量をどの程度にするのか、

服用時期いつからにするのか

クロミフェン以外の薬のほうがいいのか

ホルモン値は周期ごとに変わるので、

治療法も周期ごとによって変える必要があります。

また、AMHが低い方に半減期(体内に残存している期間)

が長期間になるHCGを投与してしまうと、

卵巣に残っている

卵子の生育能力・受精能力・分割能力を

著しく阻害してしまいます。

HCGを使用せずに、良好な卵子が獲得できる

当院での体外受精はAMHが低い方でも妊娠が可能となる

治療法です。

ページの先頭へ

記事一覧


WEBからのご予約はこちら

WEBからのご予約はこちら

医療法人社団 奨寿会 アクトタワークリニック 〒430-7707
静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー7階MAP
TEL: 053-413-1124