培養室

アクトタワークリニック ホーム > 生殖発生医科学センター > 培養室

培養室紹介

アクトタワークリニックの培養室は、生殖発生医科学センター内にあります。培養室(ラボラトリー)とは、皆様からお預かりした卵子・精子・受精卵を育てる場所で、高度生殖医療において最も重要な部分です。

培養室は母体と同じなので、常に清潔で、外光が卵に当たらないように窓はありません。

培養室前室

ここでは、精液検査や精子の洗浄・調整などを行います。この部屋は、採卵移植室へ行く途中にあり、入り口は大きなガラス張りになっているので外から見ることができます。

とざされがちな培養室ですが、皆様に安心していただけるよう、できるだけ「見える化」につとめています。

培養室(クリーンルーム)

クリーンルームは、卵子を精子と出会わせ、受精卵を育てている場所です。培養室の一番奥にあり、外とは区切られた部屋になっていて常に清潔な状態を保っています。

顕微授精や、卵の凍結・融解もこの部屋で行っています。培養室の中核を担うところです。

採卵・移植室

ここは、採卵と移植を行う部屋です。内診台とエコーとモニター2台があります。

内診台右上のモニターには、エコー画像と顕微鏡画像が映りますので、採卵中の卵胞や卵を探しているところ、移植する直前の胚の状態などを皆様が直接見ることができます。

胚の培養環境と培養器(インキュベータ)

アクトタワークリニックでは、最新式タイムラプス型インキュベータを使用し、大切な胚を育てています。

一般的な培養環境では、胚の成長を確認するためにインキュベータから胚を出す必要があり、無駄なストレスを与え、それが胚の成長を妨げる一因と考えられています。このタイムラプスインキュベータでは観察の際にインキュベータから出す必要がなく、また備えつけられたカメラで常時撮影しているので、胚の異常にいち早く気付くことができます。

極限まで胚へ与える影響を減らすことで胚盤胞発生率が向上し、従来のグレードだけでは判断しきれないところまで常時撮影することでカバーでき、より妊娠しやすい胚の選択が可能になります。

胚培養士(エンブリオロジスト)とは

胚培養士とは、卵子・精子の受精や受精卵を培養するエキスパートです。胚培養士の仕事は、採卵でとれた卵子を洗浄し、きれいにした精子と受精させ、その受精卵を育てることです。
その他に、清潔な状況で受精卵を育てられるような環境をつくったり、培養に必要な機器の管理をしたり、皆様の治療の記録などの管理をしています。

アクトタワークリニックには6名の胚培養士がおり、可能な限り母体に近い状態で培養できるように、日々頑張っています。

胚培養士の仕事一覧(紹介)

  • 培養中卵子の観察・受精確認
  • 採卵
  • 精子洗浄・精製
  • 胚凍結・融解
  • 媒精・ICSI(顕微授精)
  • 胚移植

ページの先頭へ

WEBからのご予約はこちら

医療法人社団 奨寿会 アクトタワークリニック 〒430-7707
静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー7階MAP
TEL: 053-413-1124