培養室

アクトタワークリニック ホーム > 生殖発生医科学センター > 培養室

培養室紹介

アクトタワークリニックの培養室は、生殖発生医科学センター内にあります。培養室(ラボラトリー)とは、皆様からお預かりした卵子・精子・受精卵を育てる場所で、高度生殖医療において最も重要な部分です。

培養室は母体と同じなので、常に清潔で、外光が卵に当たらないように窓はありません。

培養室前室

ここでは、精液検査や精子の洗浄・調整などを行います。この部屋は、採卵移植室へ行く途中にあり、入り口は大きなガラス張りになっているので外から見ることができます。

とざされがちな培養室ですが、皆様に安心していただけるよう、できるだけ「見える化」につとめています。

培養室(クリーンルーム)

クリーンルームは、卵子を精子と出会わせ、受精卵を育てている場所です。培養室の一番奥にあり、外とは区切られた部屋になっていて常に清潔な状態を保っています。

顕微授精や、卵の凍結・融解もこの部屋で行っています。培養室の中核を担うところです。

採卵・移植室

ここは、採卵と移植を行う部屋です。内診台とエコーとモニター2台があります。

内診台右上のモニターには、エコー画像と顕微鏡画像が映りますので、採卵中の卵胞や卵を探しているところ、移植する直前の胚の状態などを皆様が直接見ることができます。

胚培養士(エンブリオロジスト)とは

胚培養士とは、卵子・精子の受精や受精卵を培養するエキスパートです。胚培養士の仕事は、採卵でとれた卵子を洗浄し、きれいにした精子と受精させ、その受精卵を育てることです。
その他に、清潔な状況で受精卵を育てられるような環境をつくったり、培養に必要な機器の管理をしたり、皆様の治療の記録などの管理をしています。

アクトタワークリニックには6名の胚培養士がおり、可能な限り母体に近い状態で培養できるように、日々頑張っています。

胚培養士の仕事一覧(紹介)

  • 培養中卵子の観察・受精確認
  • 採卵
  • 精子洗浄・精製
  • 胚凍結・融解
  • 媒精・ICSI(顕微授精)
  • 胚移植

全国平均を上回る高い妊娠成功率

妊娠率

当院の妊娠成功率データです。

採卵周期・移植周期共にHCGの注射はしておりません。
最近では、当院の自然周期体外受精により45歳7ヶ月で出産された方がおられます。

研究・学会・論文発表

業績一覧

  • Natural IVF cycles may be desirable for women with repeated failures by stimulated IVF cycles.
    Matsuura T, Takehara Y, Kaijima H, Teramoto S, Kato O.
    J Assist Reprod Genet. 2008 Apr;25(4):163-7.
  • Rare form of extraovarian peritoneal serous papillary carcinoma with solitary tumor in the abdominal wall: a case report and literature review.
    Matsuura T, Sugihara K, Kohmura Y, Sugimura H, Kanayama N.
    J Obstet Gynaecol Res. 2009 Dec;35(6):1142-7.
  • Exogenous vascular endothelial growth factor can induce preeclampsia-like symptoms in pregnant mice.
    Murakami Y, Kobayashi T, Omatsu K, Suzuki M, Ohashi R, Matsuura T, Sugimura M, Kanayama N.
    Semin Thromb Hemost. 2005 Jun;31(3):307-13.
  • Alteration of integrins under hypoxic stress in early placenta and choriocarcinoma cell line BeWo.
    Iwaki T, Yamamoto K, Matsuura T, Sugimura M, Kobayashi T, Kanayama N.
    Gynecol Obstet Invest. 2004;57(4):196-203.
  • Recombinant adenovirus vector bearing antisense macrophage migration inhibitory factor cDNA prevents acute lipopolysaccharide-induced liver failure in mice.
    Iwaki T, Sugimura M, Nishihira J, Matsuura T, Kobayashi T, Kanayama N.
    Lab Invest. 2003 Apr;83(4):561-70.
  • Anti-macrophage inhibitory factor antibody inhibits PMSG-hCG-induced follicular growth and ovulation in mice.
    Matsuura T, Sugimura M, Iwaki T, Ohashi R, Kanayama N, Nishihira J.
    J Assist Reprod Genet. 2002 Dec;19(12):591-5.
  • Increased expression of vascular endothelial growth factor in placentas of p57(Kip2) null embryos.
    Matsuura T, Takahashi K, Nakayama K, Kobayashi T, Choi-Miura NH, Tomita M, Kanayama N.
    FEBS Lett. 2002 Dec 18;532(3):283-8.
  • Deficiency in p57Kip2 expression induces preeclampsia-like symptoms in mice.
    Kanayama N, Takahashi K, Matsuura T, Sugimura M, Kobayashi T, Moniwa N, Tomita M, Nakayama K.
    Mol Hum Reprod. 2002 Dec;8(12):1129-35.
  • Is factor XII deficiency related to recurrent miscarriage?
    Matsuura T, Kobayashi T, Asahina T, Kanayama N, Terao T.
    Semin Thromb Hemost. 2001;27(2):115-20.

学会・論文発表

学会

2017年
  • 第58回日本卵子学会
    ・凍結融解胚盤胞移植からみたAMH 別の妊娠率及び流産率の比較
    演者:山本佑司
    共同演者:友成美希 長瀬祐樹 和田知久 米澤潤一 勝又綾子 後藤愛架 菊池卓 松浦 俊樹
    ・35 歳以上のホルモン補充周期凍結融解胚盤胞移植におけるSEET 法の有効性
    演者:勝又綾子
    共同演者:友成美希 長瀬祐樹 和田知久 山本佑司 米澤潤一 後藤愛架 菊池卓 松浦俊樹
2016年
  • 第57回日本卵子学会
    ・GV期卵子を治療へ有効利用するために
    演者:長瀬祐樹
    共同演者:友成美希 和田知久 山本佑司 米澤潤一 中島芽生 松浦俊樹
    ・移植結果からみたConventional-IVFとICSIの比較
    演者:山本佑司
    共同演者:池上美希 長瀬祐樹 和田知久 米澤潤一 中島芽生 松浦俊樹
  • 第34回日本受精着床学会
    ・受精方法別にみた40歳以上の胚盤胞凍結率と流産率
    演者:長瀬祐樹
    共同演者:友成美希 和田知久 山本佑司 米澤潤一 中島芽生 勝又綾子 菊池卓 松浦俊樹
  • 第61回日本生殖医学会
    ・胚盤胞移植における年齢別の妊娠率と流産率
    演者:中島芽生
    共同演者:友成美希 長瀬祐樹 山本佑司 米澤潤一 勝又綾子 和田知久 菊池卓 松浦俊樹
2015年
  • IFFS/JSRM International Meeting 2015
    ・The Fertilization Rate And The Embryo Development In Women Aged 40 And Over In IVF Cycles With Mild Ovarian Stimulation
    演者:Y. Nagase
    共同演者:M. Ikegami T. Wada Y. Yamamoto J. Yonezawa Y. Matsuda T.Matsuura
  • 第33回日本受精着床学会
    ・透明帯の厚さが受精及び胚発生に及ぼす影響
    演者:池上美希
    共同演者:長瀬祐樹 山本佑司 米澤潤一 和田知久 松浦俊樹
2014年
  • 第32回受精着床学会
    ・体外成熟卵子における紡錘体観察の重要性
    演者:長瀬祐樹
    共同演者:池上美希 山本佑司 松田有希野 米澤潤一 和田知久 松浦俊樹
  • 第59回日本生殖医学会
    ・Single step mediumと培養方法の検討
    演者:池上美希
    共同演者:長瀬祐樹 山本佑司 松田有希野 米澤潤一 和田知久 松浦俊樹
    ・分割期胚移植におけるDay2胚・Day3胚および新鮮胚・凍結融解胚での妊娠率の比較
    演者:山本佑司
    共同演者:池上美希 長瀬祐樹 松田有希野 米澤潤一 和田知久 松浦俊樹
    ・2種類のSingle Step Mediumにおける胚盤胞発生率の比較検討
    演者:米澤潤一
    共同演者:池上美希 長瀬祐樹 山本佑司 松田有希野 和田知久 松浦俊樹
  • 第36回中部生殖医学会
    ・乳がん術後不妊患者にアロマターゼ阻害剤を用いて体外受精・胚移植して妊娠継続に成功した一例
    演者:山本佑司
    共同演者 池上美希 長瀬祐樹 米澤潤一 松田有希野 和田知久 松浦俊樹
    ・Zona-free culture由来の胚盤胞を移植し、妊娠・出産に至った1例
    演者:米澤潤一
    共同演者 池上美希 長瀬祐樹 山本佑司 松田有希野 和田知久 松浦俊樹
  • ASRM Annual Meeting: 2014 Annual Meeting
    ・CLINICAL AND ONGOING PREGNANCY RATES ARE IMPROVED BY THE ADDITION OF LETROZOLE IN THE HORMONE REPLACEMENT CYCLES UNDERGOING THE FROZEN-THAWED SINGLE BLASTOCYST TRANSFER.
    演者:T. Matsuura
    共同演者 M. Ikegami T. Wada Y. Nagase Y. Yamamoto J. Yonezawa Y. Matsuda
    ・FERTILIZATION AND EMBRYO DEVELOPMENT AT SPINDLE LOCATED OOCYTE FROM IMMATURE OOCYTE IN VITRO MATURATION CYCLES
    演者:Y. Nagase
    共同演者 M. Ikegami T. Wada Y. Yamamoto J. Yonezawa Y. Matsuda T.Matsuura
    ・MATURATION RATE AND SUBSEQUENT BLASTOCYST DEVELOPMENT OF HUMAN OOCYTES DERIVED FROM VARIOUS FOLLICLE SIZE AT THE TIME OF OOCYTE PICK UP
    演者:T. Wada
    共同演者 M. Ikegami Y. Nagase Y. Yamamoto J. Yonezawa Y. Matsuda T.Matsuura
2012年
  • 第57回生殖医学会
    ・ヒアルロン酸含有培地を用いた体外成熟(IVM)卵子における紡錘体観察
    演者:長瀬祐樹
    共同演者 池上美希 吉岡麻衣子 久我彰 山本佑司 堀明日香 松田有希野 米澤潤一 松浦俊樹
    ・35歳以上のホルモン補充周期におけるSEET法を用いた凍結融解胚盤胞移植の着床率および継続妊娠率の検討
    演者:久我彰
    共同演者 池上美希 長瀬祐樹 吉岡麻衣子 山本佑司 堀明日香 松田有希野 米澤潤一 松浦俊樹
    ・day2胚移植とday3胚移植での妊娠率および流産率の比較
    演者:山本佑司
    共同演者 池上美希 長瀬祐樹 吉岡麻衣子 久我彰 堀明日香 松田有希野 米澤潤一 松浦俊樹
2011年
  • 第56回生殖医学会
    ・The Effect of Letrozole on Pregnancy Outcome in Patients who Undergo Frozen Thawed Single Blastocyst Transfer Using Hormone Replacement Cycle 
    演者:T. Matsuura
    共同演者 Y. Nagase M. Yoshioka M. Ikegami
    ・Fertility and Embryogenesis Investigation by the Time from Cumulus Removal to ICSI
    演者:M. Ikegami
    共同演者 Y. Nagase M. Ikegami T. Matsuura
    ・The Result of IVM-ICSI by IVM Medium Contain Hyaluronan
    演者:Y. Nagase
    共同演者 M. Yoshioka M. Ikegami T. Matsuura
  • 第16回世界体外受精会議
    ・The Availability of Recombinant FSH (recFSH) in Minimum Ovarian Stimulation by the Deference of the Anti-Müllerian Hormone (AMH) Level
    演者:Y. Nagase
    共同演者 M. Yoshioka M. Ikegami T. Matsuura
  • 第28回日本受精着床学会
    ・day2胚移植における分割速度と妊娠率に関する検討
    演者:吉岡麻衣子
    共同演者 池上美希 長瀬祐樹 久我彰 山本佑司 松浦俊樹
  • 平成23年度 静岡県産科婦人科学会秋季学術集会
    ・採卵日に同一施設内にて精巣内精子回収法(TESE)を施行し妊娠が成立した1例
    演者:松浦俊樹
2010年
  • 第123回 日本産科婦人科学会関東連合地方部会
    ・腟内射精障害における自己注入法の有効性
    演者:長瀬祐樹
    共同演者 吉岡麻衣子 久我彰 松浦俊樹
    ・刺激周期体外受精において妊娠不成功であった症例に対して自然周期体外受精が有効であった1症例
    演者:吉岡麻衣子
    共同演者 長瀬祐樹 久我彰 松浦俊樹

論文掲載

日本受精着床学会誌

2013年
  • 35歳以上のホルモン補充周期凍結融解胚盤胞移植におけるSEET法を用いた妊娠率の向上
    著者:久我彰
    共同著者 池上美希 長瀬祐樹 吉岡麻衣子 山本佑司 米澤潤一 松田有希野 堀明日香 松浦俊樹
2012年
  • day2時の発育速度の違いからみた初期胚および胚盤胞移植の結果
    著者:吉岡麻衣子
    共同著者 池上美希 長瀬祐樹 久我彰 山本佑司 松浦 俊樹
  • 血中抗ミュラー管ホルモン(Anti-Müllerian Hormone:AMH)濃度から見たクロミフェン周期におけるリコンビナントFSH(rFSH)併用の有効性
    著者:長瀬祐樹
    共同著者 池上美希 吉岡麻衣子 久我彰 山本佑司 松浦 俊樹

ページの先頭へ

WEBからのご予約はこちら

医療法人社団 奨寿会 アクトタワークリニック 〒430-7707
静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー7階MAP
TEL: 053-413-1124