WEBからのご予約はこちら

オンライン診察専用ページへ

新着情報

アクトタワークリニック ホーム > > 新着情報

子宮内フローラ・子宮内細菌叢検査 2017.12.18更新

アクトタワークリニックでは、

子宮内フローラ(細菌叢)検査が可能です。

次世代シーケンサー(NGS)をもちいて、遺伝子レベルで細菌叢を解析し、

着床しやすい子宮内膜環境を作り上げることが期待できます。


【子宮内細菌叢・子宮内フローラって?】 

健康な女性の生殖器には、ラクトバチルス属と呼ばれる菌が多く生息しています。

いわゆる善玉菌といわれるものです。

この菌群が様々な理由で減少すると、

カンジダ腟炎や細菌性腟炎等を発症させると考えられています。

次世代シーケンサー(NGS)という最先端の遺伝子解析技術を利用することにより、

子宮内のフローラ(細菌叢)のバランスを網羅的に解析することが可能です。


【ラクトバチルス属が少ない場合は?】

抗生剤を処方したり、

適切な糖タンパク質の摂取 

により、

ラクトバチルス属優位な

着床しやすい

子宮内環境を作り上げる治療を行います。

子宮内膜着床能(ERA)検査のご案内 2017.11.30更新

アクトタワークリニックでは、
子宮内膜着床能(ERA)検査
を行うことが可能となりました。

【子宮内膜着床能(以下ERA)検査とは?】
胚盤胞を移植する場合、
移植当日の子宮内膜が着床に適しているかを調べる検査です。

詳細は、こちらをご参照ください。
(CTRL+F5 で更新されます。)

移植周期での採卵(ドミノ周期) 2017.10.02更新

アクトタワークリニックでは、
胚移植周期でも、採卵が可能です。
(ドミノ周期)

詳細は、こちらをご参照ください

Advanced Medicine for Human (AMH) 2017.04.24更新

Advanced Medicine for Human (AMH)
最先端医療をあなたへ

は当院の新しいフレーズです。

不育症について 2017.04.03更新

アクトタワークリニックでは、
開院以来、
生殖医療を専門に診療させていただき、
少なからず患者様にもご来院いただいております。
これまで、
遠方から当院での
不育症治療を希望される方や、
流産のセカンドオピニオンの方などは
当院が診療できる患者様の人数限界を超え、
残念ながらお断りせざる負えない状態でした。

しかしながら、4月より、
可能な限り、
不育症のご相談、
流産のセカンドオピニオンをご希望される方を
お受けしたいと考えております。

当院では、不育症の検査及び治療が可能です。
ご来院の際は、ご希望される検査
(抗カルジオリピンβ2GPI抗体、絨毛染色体検査、夫婦染色体検査、抗PEIgG抗体等)
がありましたらお申し付けください。 

また、当院において、
浜松市の不育症治療助成の対象となる検査及び低用量アスピリン療法は可能です。
ヘパリン療法に関してもご相談いただければ幸いです。

浜松市にお住まいの方は、
検査に不育症治療費助成制度がご利用いただけます。
自分が、不育症治療費助成制度の対象者となるかをご確認の上、
ご来院いただけますと、検査及び治療費用の負担軽減になります。

浜松市以外にお住まいの方は、
地域の自治体にご連絡していただき、
不育症治療費助成制度のご確認をお願いいたします。

浜松市不育症治療費助成のお知らせ 2017.04.03更新

浜松市では、
医療保険が適用されず不育症の検査・治療を受けられたご夫婦に対して、
治療費の一部を助成していただけることとなりました。

平成29年4月1日以降に実施された検査・治療が対象となります。

詳しくは、浜松市のサイトをご参照ください。

当院では、
夫婦染色体検査
絨毛染色体検査
抗リン脂質抗体(一次スクリーニング、選択的検査)
凝固因子検査
が可能です。
その他にも、検査可能な項目があります。
ご希望される検査があればご相談ください。

不育症治療費助成制度の対象となる方は、制度をご利用していただけます。
詳しくは、こちらの資料をご参照ください。


ページの先頭へ

医療法人社団 奨寿会 アクトタワークリニック 〒430-7707
静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー7階MAP
TEL: 053-413-1124