不妊治療アドバイスブック

アクトタワークリニック ホーム > > 不妊治療アドバイスブック > タイミング療法とクロミフェン

タイミング療法とクロミフェン2012.01.26更新

妊娠するためには、卵子と精子が出会うことが重要です。クロミフェンを服用しながら
夫婦生活のタイミングをみることがあります。クロミフェンを服用すると、頸管粘液が減少して精子が子宮内や卵管内に進入しにくくなります。よって、卵子と精子が出会いにくくなります。

通常の排卵周期があれば、クロミフェンの投与は慎重に行うのが当センターの方針です。
下記の本は、加藤レディスクリニック(KLC)の加藤修院長が著された本です。不妊治療の問題点や、あるべき姿が詳細に書かれています。

pho_book.jpg

『不妊治療はつらくない ― むだな検査や薬がふたりの赤ちゃんを遠ざける』
加藤修著

ページの先頭へ

記事一覧


WEBからのご予約はこちら

WEBからのご予約はこちら

医療法人社団 奨寿会 アクトタワークリニック 〒430-7707
静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー7階MAP
TEL: 053-413-1124