WEBからのご予約はこちら

オンライン診察専用ページへ

不妊治療アドバイスブック

アクトタワークリニック ホーム > > 不妊治療アドバイスブック > 慢性子宮内膜炎 検査について

慢性子宮内膜炎 検査について2019.07.12更新

近年、着床障害と慢性子宮内膜炎との関係が指摘されています。

慢性子宮内膜炎になると、子宮内膜に形質細胞が認められます。
形質細胞とは、細菌感染等が起きるとからだを守ろうとする免疫を担当する細胞です。
よって、子宮内膜に形質細胞を検出すれば、
細菌感染によって内膜が炎症を起こしていると診断されます。

アクトタワークリニックでは、
最新鋭の子宮鏡により、子宮内膜所見を細かいところまで画像解析を行い、
さらに、形質細胞のCD138染色を行うことにより、慢性子宮内膜炎の診断が可能です。

慢性子宮内膜炎と診断した場合、
ドキシサイクリン(ビブラマイシン)、アジスロマイシン、シプロキサン、フラジール等
の抗菌薬で治療します。

ご希望される方は、受診時にスタッフへご相談をお願いいたします。

ページの先頭へ

記事一覧
医療法人社団 奨寿会 アクトタワークリニック 〒430-7707
静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー7階MAP
TEL: 053-413-1124