WEBからのご予約はこちら

オンライン診察専用ページへ

不妊治療アドバイスブック

アクトタワークリニック ホーム > > 不妊治療アドバイスブック > 夫リンパ球免疫療法 不育症 習慣流産

夫リンパ球免疫療法 不育症 習慣流産2014.07.13更新

不育症・習慣流産の治療で、
夫リンパ球免疫療法 
を希望して、当院に来られる方がいますが、
当院では行っていません。
夫リンパ球免疫療法は、
1980年代から1990年代にかけて
一時期行われてきましたが、
現在では、効果がないことと、
夫リンパ球免疫療法を受けた側(通常は妻側)
が感染症になる危険性があり、
世界中で中止されている治療です。
Lancet 1999 354(9176):365-9.
Full text
特に、アメリカ食品衛生局(FDA)は
夫リンパ球免疫療法を行う場合は、
通常診療で行うことは認めず、
研究・実験目的のみで行うべきだと勧告しています。
明らかなことは、夫リンパ球免疫療法は、
妊娠継続率を上げることはないということです。
ですから、もう一度言いますが、
当院では
夫リンパ球免疫療法
は、行っていません。
明らかに医学的に効果があるという確固たる根拠がなければ、
今後行うことは無いでしょう。
それは、効果がないことを、あたかも効果があるようなことを言って、
不育症・習慣流産に悩む方を惑わしたくないし、悲しませたくないからです。
万が一、効果がなくてもよいからという理由で
どこかの医療施設で行うのであれば、
夫リンパ球免疫療法は、輸血することと同じなので、
日本産科婦人科学会のガイドライン
に沿って、必ず、
放射線照射
をしたリンパ球を利用してください。
未照射のリンパ球を接種することにより、
移植片対宿主病(GVHD)
を発症し、重大な副作用を引き起こす場合があります。

ページの先頭へ

記事一覧
医療法人社団 奨寿会 アクトタワークリニック 〒430-7707
静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー7階MAP
TEL: 053-413-1124