不妊治療アドバイスブック

アクトタワークリニック ホーム > > 不妊治療アドバイスブック > エストラジオールゲル ディビゲル ル・エストロジェル ホルモン補充周期

エストラジオールゲル ディビゲル ル・エストロジェル ホルモン補充周期2014.03.12更新

最近、ホルモン補充周期での胚移植で

エストラジオールゲル(ディビゲル ル・エストロジェル)

を使用する方が増えています。

従来は、経口エストラジオール(ジュリナ)を使用していましたが、

FSHの基礎値が高い人は、卵胞が発育してホルモン補充周期が

できなくなってしまう周期がありました。

こういった方に、

ディビゲル等のエストラジオールゲル単独や

ジュリナを併用することにより、

卵胞発育を抑制し、

適切なホルモン値をキープできるようになりました。

理由は、経皮的なエストラジオール(エストロゲン)の吸収が、

下垂体等にフィードバックしやするくなるからだと考えています。

尚、患者様より、

「エストラジオール貼付剤は使わないのですか?」

という質問があります。

アクトタワークリニックでは、

エストラジオール貼付剤の使用はありません。

理由は、

① 貼っている部分が赤くなったり、かゆくなる。

② はがすときに痛い。
  
③ お風呂に入ってはがれると、気になってしまう。

④ ホルモン値が安定しない。

などがあるからです。

①~③は我慢できたとしても、

問題なのは、④です。

ホルモン補充周期での胚移植では、安定したホルモン値が、

妊娠率・着床率を向上させるポイントだと考えています。

そうはいっても、ホルモン補充周期で排卵する人は少なからずいます。

排卵した場合は、ホルモン値をしっかり把握しながら

投薬量を調整して胚移植すれば、大丈夫ですので安心してください。

ページの先頭へ

記事一覧


WEBからのご予約はこちら

WEBからのご予約はこちら

医療法人社団 奨寿会 アクトタワークリニック 〒430-7707
静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー7階MAP
TEL: 053-413-1124